忍者ブログ
[503] [502] [501] [500] [499] [498] [497] [496] [495] [494] [493]

DATE : 2017/10/20 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2010/07/30 (Fri)
ツタヤって北海道限定で80円なんだよね、旧作。
CLANNADのアフターストーリーも制覇。

けど周りの反応や感想を観てみると理解力があんまりない人が
多くてびっくり。原作やってなくても普通に理解できることが
わからないなんて信じられない。けどそういう人って伏線に注意
していないと思うのよね。

まま、そんなことは置いておいて。
色々と説が出ているCLANNADの最終回らへんの感想を。
ネタバレもするんで、見たくない・これから見る
という人は観覧注意ってコトで


アフターストーリーを理解するために必要なもの

・伏線を回収する注意力
・パラレルワールド(並行世界)に関する簡単な知識
・人の心

3つめは泣くために必要な感情なんで、理解するにはあんまり
必要ないかも(笑 けど泣いてこそのCLANNADだからね

感想
幻想世界、現実そのいち、現実そのに が存在すると思った。
まず汐が死んだのが現実そのいちとしましょ。
そして渚も汐も生きていたのが現実そのに。

考え方は人それぞれだけど、個人的には町と渚・汐の魂的な何かが
リンクしていると思った。だから渚も汐も冬は元気ないと。
ああ、また話が逸それた。感想だったよね

劇場版も見たけど、やっぱアニメの方がいい。うん。
けどアニメ見たら劇場版が嫌いになったwwwうわあwwww
詳しい感想に入ってしまうと結構長くなるんだよね。けど我慢してね

主人公の朋也がすごいいい人でよかった。一見不良なんだけど
人情あふれる好青年。渚は意外と臆病なおっとり系。
そんな二人で歯車が完璧に合っていたもんだからそこも楽しめた。
ギャグなんかも素直に笑えた。けどCLANNADといえば感動、人生。
ズバリ「親子愛」なんだよね。
主人公も父親とは昔に喧嘩してその時に肩を怪我してしまったと。
それから夢もなくなって親とは一切会話を交わさないような感じの泥沼
がまたもう暗くなるんだよね。気分が。
そして極めつけに「親父に出世の道を潰される。しかも親父タイーホ」
これで完全に親子の縁を切ったとも思われていたのだが、また
親父の母(つまりばあちゃん)との会話→親父の過去はすごいよかった。
男手ひとつで育てた苦労がしっかりと伝わってくる。

そして和解のシーンは目の前がもう見えなくなったお。いろいろと。
BGMのタイミングも凄いよくて、感情移入もしやすい。
京アニよくやった。グッジョブ。

ファンタジー的な要素も含まれていてまた幻想的な演出はGooD。
多少、難しい話でもあると思うけど普通にわかるよね?ね?ねえ?
後は凄い現実味がすごい。電気工事の会社員とかアパートとか
リアル感MAXで好感が持てる。すげえいいぞ!ごー!
それとなんとなくだけど風子が凄い京アニに愛されてるね。
けど風子好きだからどうでもいいけど。かわいいよふーちゃん。

はあ・・・なんか語ろうとしても語りつくせないことってあるんだよねぇ。
それがCLANNAD。笑い・感動・家族愛 全部詰まってます。
どうぞ今年の夏はこの作品を観て欲しい

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]