忍者ブログ
[452] [451] [450] [449] [448] [446] [445] [444] [443] [442] [441]

DATE : 2017/11/18 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2010/05/01 (Sat)
「スプリンターセル コンヴィクション」 レビュー
※ネタバレするんで注意してください。


5、6時間でクリアってのもあながち間違いではないかも
ルーキーでゴリ押しすればそんくらいでできるかな?
ってなわけで気になるレビュー。
さっきまでやってたから新鮮な記憶での記事だぞ!

グラフィック:
ゴキ達がジャギジャギとか言うわりには結構綺麗な画質。
SDとか言われているが、普通に次世代機を名乗っていいレベルでした。
気になるのはグリムの肌荒れが嫌というほど表現されてたこと。
グリムちゃん?グリムおばさん?
建物の内部のオブジェクトがちょっと気になるかな?ちょっと手抜き感もあったかも。

ボリューム:
※最初はノーマルでやってたんですけどなんか途中からルーキーに変更。
まず5、6時間でのクリアは不可能と思われ。
かなりのランボープレイでもしなきゃ無理かもしれない。いや、無理。
普通に敵強いし(ルーキーでもね)サードエシュロンの部隊との戦闘を考えると
不可能に近い。たぶん5、6時間ってのはルーキーでのランボープレイの結果だと思う。
イラクはそこまでいらなかったかな。イメージ的にはターミネーター4をやってる感覚。

ストーリー:
なんか映画のような壮大なサスペンス要素がある。
サラのくだりとかグリムを最後まで疑ってしまうところとか凄い見せ方がうまいと。
コビンとかわかりやすい悪役が居て、けっこういいかも。
感動の再会は意外にあっさりしてたかな。
最後はハッピーエンドでめでたっしー。説明難しいから自分でやってくださいまし

オンライン:
しょっぱなからフランス人とでラグがひどい
照準があわないし操作反映までの時間がかかりすぎでまずプレイできる環境ではない。
日本人同士でマッチングすると大丈夫らしいのだがなかなか日本人と出会わないのが残念。
また明日やろう。うん。

システム:
壁に文字を表示するのはよかった。見なかったけど
そしてM&Aはなかなか便利。トータルで10回くらいしか使わなかった。
ってか戦闘中にマークする余裕ないし、見つかってなかったら一人ずつ後ろから
格闘で倒してますって。けど映画っぽくするならかなりいいシステム。

バグ:
オブジェクトの作りこみが甘かったりM&Aの判定甘いと思う。
壁貫通は当たり前だし、サードエシュロン本部で敵がデスクを貫通しながら来た時は
「ええええ」ってなった。さすがUBI。ぬかりねぇぜ

やりこみ度:
ベガスのようにテロハンがあって飽きにくい。
チャレンジや武器のカスタム要素は面白く感じた。

全体の評価:
結局、一日もかからないでクリアしたことからボリューム不足。
あとは理不尽なステージが多い。敵の目をくぐりぬける事が非常に困難だったり
ヘリで掃射されてた時は泣きそうになった。

敵の演出はかっこよかったしイベントの中にも操作があって暇をさせない。
コステの語りが渋くていいし、まるで彼の回想のよう・・・いやそうだったの
ボスが居ないのは痛いが、そういうゲームなので仕方がない。
ロボットが出てきてロケランで戦うわけでもないしね。
ヘリと勝負なんてできんできん。隠れて逃げるで精いっぱいです。

戦略は豊富で、正直二週目しないと駄目かも。ストーリーの完全把握にはね。
さて・・・DLCはくるのかねUBIさん。
ストーリーの追加ぐらいたのんます

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]